修学旅行

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

上の子が修学旅行から帰ってきました。沖縄に行ったそうです。

この時季の沖縄は暖かくていいですね。

修学旅行はとても楽しかったそうです。まあ、高校三年間の一大イベントですから

そうあってもらいたいですね。

今時の修学旅行は泊まるホテルも良いところが押さえてあって宿泊場所には

ANAホテルなども入っていました。

子供は自慢げに 「ANAホテルのメシ(白米)が間に合わないほど食べた」 と

話していました。何でもお櫃を5分で空にしたと言ってました。

ご飯を炊くのが間に合わないほど食べたそうですからANAホテルに同情します。

バイキング形式だったそうですが、食事時間が終わると料理もきれいになくなって

いたそうです。歴史小説に出てくるイナゴの群れが去った情景を思い出します。

おまけに、修学旅行前に受けた ”日商簿記二級検定” の合否が旅行中に発表

されるのでそれに落ちた連中は自棄食いします。ホテルにとってはありがたくない

お客様ですね。

 

そういえば、私も高校時代はよく食べてました。

家を出る時に弁当箱とおむすびを二つ持たせてもらって学校近くのパン屋さんで

菓子パンを2個買いました。教室に着くとまずおむすびをたいらげ、一時限の

休み時間で菓子パンがなくなります。二時限の休み時間で弁当が消えて

いざ昼休みとなると購買部にパンか弁当を買いに行きました。

そして、部活が終わると学校前のラーメン屋さんでラーメンを食べて、1時間半

電車に揺られた後に家で夕飯を食べてました。

今じゃ考えられません。

 

我が校(高碕商業)は修学旅行中でも部活があり、早朝や夕飯前には各部が

宿の近くで練習していました。これは今も続いているそうです。

ご多分に漏れず生徒は夜中まではしゃいでいるので 「朝の練習はきつかった」 と

うちの子も話していました。

修学旅行中の簿記検定の合否発表や部活も大人になれば良い思い出として

残ります。

うちの子が帰ってきての第一声が 「あー、また明日から部活だー」 と嘆いて

いましたが、それも将来は良い思い出になります。

下の子が、普段上の子が話している部活の事に輪を掛けて修学旅行中にも

部活があるなんて事を聞いてポツンと言った一言が笑いを誘いました。

「僕も部活をやらないとダメ?」

▲ページの先頭へ

師走

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

師走ですねー。私も坊さんじゃありませんが走っております。12月に入りまだ五日ですが

その内三日が出張でした。前橋、本庄、富山。若い頃は車の運転なんて屁でも

なかったのですが、アラ50になるとだんだん体に効いてきます。

たしか、マヤ歴の人類滅亡説は今月ではなかったでしょうか?選挙の話で

消えてますね。あと、来年の春頃でしたか隕石が地球への衝突コースに入っている

とかいないとか。地球に衝突する確立は低いようでしたが。

北朝鮮のミサイルが落ちてくる確立の方が高いですね。日本近海だし。

尖閣には毎日彼の国の艦船が入って来ていると報道されているし、

師走で気忙しいのに選挙だミサイルだと国の内外でざわついていて、せめて

お正月だけは静かにすごさせてほしいものです。

新しく決まる政府の皆さんお願いしますよ。

 

▲ページの先頭へ

水上は雪です

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

ここ数日、水上は雪がちらついています。毎年のように来るべき季節が来てしまいました。

当然の事と言えば当然なのですが、未だに覚悟ができずに気持ちがぐずぐずしてます。

一昨日も気温は-5℃。昨日は-1℃。当然路面は凍結しています。もう、ノーマルタイヤは

厳禁です。水上にいらっしゃるお客様は必ずスタッドレスかチェーンをお持ちください。

雪が降っていなくても朝夕は路面が凍結しています。

くれぐれも運転にご注意ください。

先日は弊社玄関の雪避けを取り付け、今日は弊社裏側を設置しました。

また冬が来ると思うと憂鬱になります。筆も進まないのでこれで終わりにします。

▲ページの先頭へ

視力について

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

最近、目が悪くなったなと感じます。車の運転をするのに夜などは眼鏡をかけないと

安心できません。でも、視力を計ると1.0以上はあります。昔はいつも2.0ありました。

よーく見えてました。その落差のせいなのでしょうか、1.0くらいの視力では車の運転が

何となく怖いので眼鏡を作りました。

眼鏡屋さんでも 「眼鏡がなくても大丈夫とは思いますが、夜の運転に不安なら作って

おきますか」 と、念のためにといって眼鏡を作ってくれました。

しかし、考えてみると1.0くらいの普通の視力の人は今の私の目の状態で運転してる

わけですよね?夜なんか怖くないのかな?周りで運転してる人がみんなこれくらいの

視力で車に乗っていると思うと何だかこっちが怖くなりますね。

視力というのは日によって違いますね。体調によって随分左右されるのがわかります。

年なんですかね。

 

▲ページの先頭へ

受験

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

カミさん方の親戚が来春高校受験だそうです。ご多聞にもれず親は心配している

ようです。特に女の子なので、地元の高校が良いだとか、大学まで行ける高校が

良いだとか、だいぶ先の心配までしてるみたいです。

通学などはかえって田舎の方が過保護ですね。東都にでれば小学生が塾に通うために

平気で電車通学してます。ごく当たり前の光景ですね。腕白と言えば田舎の子供の

専売特許ですが、都心のこういう子供も社会の中で逞しく生きています。

親戚の子の志望校などをHPで色々と見てみたのですが、今の高校は私たちの頃と

違って各校毎に様々な特色を打ち出していますね。思わず見比べてしまいました。

少子化の中、各高校も生徒の確保に真剣になっているのが伺えます。

それは弊社のある利根沼田地区も例外ではなく、一昔前はある男子校と女子校を

統合するというので一悶着ありましたが、今後はその男子校と女子校を含む五校の

統合が囁かれるようです。もう、ここまで来ると子供の数がものを言ってあまりな反対は

なくなるのでは、と思ってます。

そうするとこれからは受験生を抱えた親の心配事に ”将来なくなる学校か否か” と

いうのが追加されますね。親の悩みは尽きません。

私事ですが、実は上の子の高校受験の時に私は ”受かればどこでも良い” と

思ってました。これはカミさんには内緒の話です。

だって私の子ですから、鷹じゃあありませんよ。鳶です、鳶。それに人間住めば都

ですよ。 ”人間万事塞翁が馬” 。自分のこの先だって読めやしないのにましてや

子供の将来においておやです。

まあ、今真剣きってるカミさんの親戚には言えませんが。

▲ページの先頭へ

小説家

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

BCOOLの高橋さんから、 「ブログをたくさん書いてください」 と言われて数ヶ月。

思いつくままに何の脈略もなくブログを書いてきました。正に徒然なるままにです。

が、いい加減書く事もなくなってきました。まあ、もの書きが私の商売ではないので

しょうがないと言えばしょうがないんですがね。

でも、ブログを書くようになって小説家の皆さんの凄さをあらためて認識しました。

よくもまあ、あんなに色々な事が書けるもんだって。

今まではただ読む立場だったんですが、こんなブログでも書いてみると書く立場の人の

下調べって凄いなって思っちゃいます。

たった一行に何気なく書いてある言葉やその事実の裏付けがしっかり取ってあって、

しかもそれを ”さらり” と流してある。やはり餅は餅屋ですね。専門の方は違います。

私の甥で二松学舎の文科に行った者がいるのですが、やはり違ってましたね。

物事に対しての追求心といいますか、真実を求める魂といいますか、要は上辺を

飾って世渡りをしている私なんぞとは生き方がまるで違う。明治の政治家とはこういう

人だったんだろうなって、10才も年上な私までそう思ってしまう。

そんな思いからか、学生時代に読んだ漱石なんかを何かの拍子に引っ張りだしてきて

あの文体を読むと彼を思い出してしまいます。

まだ彼が二松学舎に行っている頃だから随分前の事ですが、叔父の家に遊びに

行きました。彼の親です。話が合うんです。ちょうど彼が帰ってきていて一緒に団らん

していると、何かの弾みで話が遠藤周作になったんです。遠藤周作は高校時代に

電車の中でよく読んでいたので私もちょこっと話に首をつっこんだんですがね。

いやー、話のレベルが違いました。本の内容の事なら私も少しは話せましたが、

彼が求めているものは本に書かれていない作者の主題なんですね。

まあ、その時の結論に至るまでの過程は省きますが、遠藤周作の作品から読み取るべき

テーマは 「光だ」 と彼は言っていました。言ったというより喝破したという感じに

見えましたね。話に筋が通ってるんですよ。 「お見事っ!」って感じなんです。

それに比べて、私なんか遠藤周作の本で覚えてるのは、狐狸庵山人のエッセイで

あの臭い汚物を 「雲古」 と名付けたことくらいですから、これはもう話の外。

人間の出来ってこんなに違うんですね。

小説家は凄いという話でした。

 

▲ページの先頭へ

電車

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

私は高校時代電車で通学してました。往復で二時間半くらいでしたか。

けっこう本が読めましたね。

それと、試験の時は助かりました。試験の時は前夜に早く布団に入って夜中に起きて

試験勉強をしたのですが、そのまま寝過ごす事も度々でそんな時は電車の中の時間が

試験勉強の時間になりました。人間は限られた時間の中では必死にやるんですね。

電車の中での勉強の効率はとても良かったと思います。何せ背水の陣ですからね。

学校からの帰りの電車で寝過ごした事もありました。ふと、目を覚ますと何やら見慣れない

景色が目に映ります。 「あっ!」 と気付いた時にはもう遅い。すでに新潟県でした。

今となっては笑い話です。

 

東京にいた時も電車はよく使いました。東京では電車だけで用が足りてしまいますね。

車はなくても充分生活できると感じました。群馬の田舎と違って数分おきに電車が

来ます。ホームに入ってきた電車が混んでいれば、 「次のにしよう」 なんて言って

ましたね。水上なんて2~3時間に一本くらいですから狙った電車は外せませんよ。

乗り遅れたら一大事。

 

水上に来てくださるお客様が不便するのが移動手段です。水上では景勝地から食事、

旅館まで、全てが車での移動が基本になっています。電車で来てくださったお客様には

とてもご不便をお掛けしてしまいます。水上へはお車でのお越しをお勧めします。

▲ページの先頭へ

読書について

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

今、久しぶりに吉川英治の三国志を読んでいます。

ここ一年くらい読んでいなかったのでとても新鮮です。吉川英治の三国志は高校の時からの

愛読書で、ほぼ毎年のように読んでいます。去年は東日本の震災と東電の風評被害で

色々と忙しくなかなか本を読む時間がとれませんでした。

この夏に司馬遼太郎の項羽と劉邦を読んだら、無性に三国志が読みたくなって

段ボール箱を漁ったのですが三国志が見つかりません。高校や大学時代に読んだ

懐かしい本が次から次へと目に入って、あれも読みたいこれも読みたいと思いながら

探しましたがとうとう見つかりませんでした。

ちょうど、下の子がブックオフに行きたいと言っていたのでそのついでに三国志も

買ってきました。全八巻、840円也。ブックオフは助かります。

私は不意に何かの本のある節が読みたくなる時があります。その時はいてもたっても

いられずすぐに段ボール箱をひっくり返します。こらえ性がないんですね。

だから図書館というものが利用できません。その点カミさんは違うんですね。

しっかり図書館を利用してます。しかも私のように同じ本を何度も読みません。

一回読んだら終わりです。私などは無性に読みたくなった昔の本と本の合間に

新しい本を読むといった感じです。だからカミさんの方が読んだ冊数は多いでしょう。

夏に段ボール箱を開いた時、筒井康隆と遠藤周作、それとなぜかアルビントフラーの

第三の波が目に留まりました。ちょっと気になってます。

▲ページの先頭へ

ジャパニーズ・デリカシー

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

先日、通勤途中のラジオでジャパニーズ・デリカシーという言葉を耳にしました。

字面は日本人の持っている繊細な感性とか感覚、気配りなどを表す言葉ですが、

経済や時事問題などでは日本人の特質や習性を表す言葉のようです。

多くは日本の発展に貢献したという良い意味で使われるようです。

企業で言えば基礎研究にとことん時間を費やしたり、職人さんで言えば出来上がっている

資材ではあるけれどもそれで完成とはせずに自分の中の完成形に至るまで作業を

続けるといった事です。

そんな気質が世界において日本製品の信用を高めたというのはうなずけます。

これはきっと日本人が長年培ってきた精神風土に由来するものでしょう。

うちの上の子はトイレ掃除が雑でトイレの隅々まできれいに掃除できていません。

下の子はご飯を食べる時背筋が伸びていません。

私と家内は子供たちに、 「こういう事がきちんと出来るようになれば学校の成績も

上がる」 とよく話します。

こんな事がジャパニーズ・デリカシーの基本にあるのだと考えるのは私だけでしょうか?

 

▲ページの先頭へ

珠算

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

前回、簿記のことを書いていて思い出した事があります。

私の先輩で日商簿記1級を取った(高校時代です)先輩がいるのですが、

その先輩はなぜか日商簿記1級の事を話しません。その代わりに 「俺は珠算2段だ」 と

ソロバンの自慢をします。

その先輩は高校の入学式の日、珠算部の先生から、「ぜひ珠算部へ入ってくれ」 と

スカウトされ最後は珠算部の部長にまでなりました。

しかし、人生は山あり谷あり、先輩は3年生の時部長の身でありながら顧問の先生から

「頼むから珠算部を辞めてくれ」 と愛想を尽かされます。理由は簡単、部活に出ない

からです。

ところがその後、先輩は相変わらず部活には顔を出さないものの珠算の関東大会で

大健闘。入賞順位にまで上り詰めたそうです。

珠算の大会というのは、ずらーと机が何列にも並ぶ中、計算を間違えた人が

消えていく方式だそうで、最後には居並ぶ机の最前列に残る者で競技が争われる

のだそうです。

先輩は机の最前列に残りました。こんな事は学校が始まって以来の出来事で

顧問の先生はじめ生徒も皆固唾をのんで見守っていたそうです。

結果は優勝こそ出来なかったものの先輩の学校にとっては快挙に等しい大金星、

大戦果です。顧問の先生は先輩を捕まえて 「お前はやってくれると思っていた」 と

満座の中何度も先輩の肩を叩いていたそうです。

その時に先輩は 「大人の社会というものを学んだ」 と述懐しております。

ドラフトで入団した選手にもありそうな話ですね。全ては結果ということですか。

ある時、私はその先輩へなぜ日商簿記1級の事を話さずに珠算2段の話を

するのかと尋ねた事があります。日商簿記1級といえばそれだけで推薦入学できる

大学だってあるくらい高度な資格だからです。

ですが先輩は、 「日商簿記1級は簡単だったから自慢する気にもならない。俺に

とっては珠算の方が難しい」 と話されました。

その先輩、未だに珠算の話はしますが簿記の話はしません。

人により価値観が違うというお話でした。

▲ページの先頭へ