谷川岳の紅葉は終わり?

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

今日、お店に立ち寄ってくれるお客様が口々に、 「谷川岳は雪だよ」 とおっしゃっています。

もう雪ですかー。雪が降るようでは紅葉の時期はおしまいです。

何か、今年は秋がなかったように感じます。暑い夏がいつまでも続き、ようやく涼しくなったかと思ったら

 ”涼しい” じゃなくて ”寒い” になっちゃって、もうこれからは雪の心配ですよ。

これじゃあ今年の水上は春夏冬冬です。

普段の年は紅葉時期が11月中旬くらいまであるのですが ・ ・ ・ 。

谷川岳の紅葉も綺麗なんだけどなー。

 

▲ページの先頭へ

母校ってありがたいなー

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

今週、母校の先輩が二日続けてお店に立ち寄ってくださいました。ありがたいことです。

先輩といっても60代の方と70代の方です。もちろん学校での面識はありません。

私の母校は高崎にある高碕商業高校というところです。年代を問わず母校愛の強い学校ですね。

「こっち(水上)に来たので顔を出しに来たよ」 と皆さんおっしゃってくださいます。

また、先輩の中には気を利かせて奥さんや娘さんに買い物をさせて、自分はそれが終わった頃に

車から出てきてくださる方もいらっしゃいます。後輩はそういう気は使いませんね。

そういえば母校の関係者は毎月誰かしらがお店に立ち寄ってくださいます。

この年になって母校のありがたみを再認識しています。

中には飛んでる奴もいて、 「今度健康食品の代理店になったから社長業を教えろ」

なんて言ってくる奴もいます。

私達がいた頃の高商はあまり質の良い学校ではありませんでしたが、今では県下で

志願者率が一番の学校だそうです。変われば変わるもんです。

▲ページの先頭へ

趣味

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

お付き合いのある方からよく趣味は何かと尋ねられます。私の場合には二つの意味がありますね。

一つは、ゴルフや釣り、アウトドアなどが趣味なら今度いっしょにどうかという意味。

もう一つは、こいついつも会社にいるけど仕事しかしないのだろうか?という疑問の意味。

そうなんです。私は趣味らしい趣味というものがないんです。だから趣味にのめり込んでいる人が

とても羨ましいんです。そういう人は幸せですよね。

組合の仲間に釣りと車が趣味の奴がいます。彼の場合はその趣味が行き過ぎていて

組合の集まりでも釣りと車の話しかしません。組合の仲間から、彼の前では釣りと車の話は禁止、

というお達しが出ています。そうしないと彼の話は終わらないからです。

でも彼は幸せな奴だなー、と思います。そこまで夢中になれるものを持っている人はあまり

いませんから。

景気の良かった時代に百貨店へ営業に伺った折 「趣味は?」 と聞かれて 「将棋です」 と

答えたら課の皆さんに爆笑されて、この手の質問に将棋という答え方は空気を読んでいない事を

悟りました。そんな私ですので、 「趣味は何ですか?」 と聞かれた場合、一応 「読書です」 と

今は答えています。大して本も読んではいないんですが。

▲ページの先頭へ

郵便局

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

最近の郵便局ってすごいですねー。もう昔のお役所的な面影などありませんね。

最近は地元の郵便局の局長さんが何度も営業にいらっしゃいます。

宅配のエキスパートはなんと言ってもクロネコヤマトですが、今ではゆうパックもそのサービスに

追いつけ追い越せして頑張っていますね。

今年驚いたのは、10月に埼玉の郵便局3局で地場産品の販売をするから竹内もどうか?と

誘われた事です。しかもその日は年金の支給日。年金を下ろしにくるお年寄りをターゲットに

販売会を開くというのですから、その商魂のたくましさに脱帽しました。

郵便局はもうお役所ではありませんね。歴とした民間企業になってます。

弊社は都合が悪くその販売会に出店できなかったのですが、後日局員の方が”大盛況でした”

と話していました。

クロネコもうかうかできませんね。

▲ページの先頭へ

ラジオ

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

水上は寒いです。もう暖房器具を出します。 

私は毎日家と会社の往復に2時間近くかかります。その間ラジオは欠かせないものです。

ネットと並んで大切な情報源です。ラジオとは浪人している頃からの長いお付き合いです。

浪人中は予備校の寮に入っていたのですが、その性格上テレビという物がありませんでした。

だから、みんなラジオを持っていました。予備校生にとってラジオの深夜番組などは聴かなければ

ならないものくらいに思ってせっせと聴いていました。毎夜どこかしらの部屋から笑い声が漏れていました。

良い時代でしたねー。

ただし、ラジオも万能ではありません。水上で仕事をするようになるとラジオの入りが悪いのには閉口しました。

電波が届かないのです。群馬県の渋川市以北は、山また山の連続です。NHK以外はあまり良く入りません。

辛うじてTBSが入るくらいです。文化放送や日本放送は聞こえが悪いですね。

水上でラジオを聴いていて困るのは、番組の肝心なところや盛り上がっているところで入りが

悪くなるところ。甲子園や日本シリーズ、オリンピックなどでこちらの気分も高潮して熱が入ってくる

時に限って、ザザー、ザザザザー、なんて聴こえなくなってしまうんです。そしてちゃんと聴こえてくる頃には

緊張の場面は終わっています。こんな時に 「田舎だなー、山だなー」 と感じます。 

ずー、と昔、ラジオで 「田舎には都会にない喜びがある」 なんてどなたかが言ってました。

冬が終わる頃の春の陽差しを感じる喜びや雪の下にふきのとうの芽を発見する喜びを感じる事が

できるんです、なんておっしゃってましたが、全国の皆さん、真に受けては困りますよ。

あれは番組向けのトークですよ。少なくとも私の知っている住民でそんな喜びのために水上に残っている

奇特な方はいません。みんなお金に余裕さえあれば雪のない所に引っ越したい方ばかりですよ。

ラジオだって普通に全局聴ける方が良いんです。何を好んでクライマックスのシーンに、

 ”ザザー、ザザザザー” なんて気持ちを削がれる事を ”田舎の楽しみ” なんて言う人がいるもんですか。

ラジオの入りが良くならないかなー。

▲ページの先頭へ

湯桧曽の紅葉は来週かな?

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

水上は寒いです。昨日の朝は何と3℃。朝夕は上着が必要です。

谷川岳の紅葉はどうやら下の方でも始まったようでだいぶ車が上って行きます。

湯桧曽はまだですねー。今年はちょっと遅いようです。たぶん、来週くらいからだと思います。

東電の放射能の風評被害で全体的にお客様は少なめです。昔は弊社の前から谷川岳の駐車場まで

ずらーっと車が並んだもんです。今は見る影もありません。

風評被害はいつまで続くのでしょうか?ずーっとこんな調子なんですかね。

いつもの紅葉の時期は弊社の中もてんやわんやでもつ煮もお菓子も全然間に合いませんでした。

今年は余裕で間に合っています。もつ煮は遠方の得意先へも出させて頂いているので

そこそこ忙しいですが、お菓子は暇ですね。紅葉の時期は稼ぎ時なんですが ・ ・ ・ ・。

皆様のご来店をお待ちしております。

▲ページの先頭へ

衛生管理と保健所

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

水上は寒いです。とても寒い。谷川岳は紅葉真っ盛りのようです。

今日は保健所の話をさせて頂きます。保健所というと私たちの業界では一般に煙たい存在と敬遠しがちです。

今までは年に何度かの衛生検査で保健所が来るなんて言えば工場をきれいにしなくちゃと

せっせと掃除をしていましたが、ここ数年の弊社は変わりました。

きっかけは衛生基準の高い得意先との取引でした。先様が弊社の工場検査に訪れ47項目に渡って

改善項目を指示されました。これを改善しなければ取引は ”パー” です。人間は現金なもんです。

目先に人参がぶら下がると必死に走ります。

弊社も目の色を変えて衛生管理に取り組みました。しかし、工場の改善箇所が47項目というのは

精度の高い衛生管理を実践した事のない当時の弊社にとって、登山道具も持たずにエベレストへの麓へ

降り立ったようなものでした。どこから手を付けて良いものやら皆目見当もつきません。

そんな折りに偶然渋川保健所の方から連絡を頂きました。

要件は、弊社が ”もつ煮” を群馬県へ 「優良県産品の推奨品」 に申請したため、その製造工場を

実地検査したい旨の連絡でした。

今までは保健所といえばあまりありがたい存在ではなかったのですが、この時から保健所に対する考えが

変わりました。大げさに言えば保健所の方が ”神” に見えました。

こちらの疑問を一つ一つ丁寧にご指導くださり、必要と思われる講習会なども教えて頂きました。

この時はこちらの質問攻めに6時間も対応してくださいました。本当にありがたかったです。

お陰様で、弊社のもつ煮は群馬県の推奨を受ける事ができ、衛生基準の高い得意先ともお取引

頂ける事になりました。

今ではわからない事があるとすぐに保健所へ電話します。こちらがその気になれば相手も親身になって

教えてくれるという事を学びました。

これからもご指導宜しくお願い致します。 

▲ページの先頭へ

谷川岳の紅葉始まる

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

水上はもう寒いです。本来なら10月は繁忙期で二進も三進もいかない時季なのですが、東電の風評被害で

例年の混雑はありません。

谷川岳は紅葉が始まったようです。谷川岳の紅葉は綺麗ですよ。一度は見て頂きたいものです。

 

水上に ”磯さん” という写真家がいます。この方が撮った写真で絵葉書になっているものがありますので

是非一度ご覧になって頂きたい。一見の価値があります。私達水上の住民でさえ初めてこの絵葉書の写真を

見た時には目から鱗が落ちました。みんな 「こんな谷川岳があったのか!」 と感動さえ覚えました。

磯さんに会う機会があったので、あんな谷川岳は初めて見ました、と話すと色々と苦労話を聞かせてくれました。

谷川岳に写真を撮りに行く時は前の晩に山に入るのだそうです。そして前々から決めていた場所に陣取り

夜が明けるのをじっと待つのだそうです。冬は寒さで死ぬ思いだ、とおっしゃってました。

写真家らしく、自分で気に入った写真が撮れない時は何度でも出かけるのだそうです。そこまでするのですから

相当に写真が好きなんですね。仕事だけじゃあんな事出来やしません。

好きこそものの上手なれとはこの事ですね。

紅葉の谷川岳を是非ご覧ください。

▲ページの先頭へ

水上の移り変わり

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

水上はアウトドアが花盛りです。水上へいらしているお客様の半数以上がアウトドアの関係のお客様では

ないかと思われるくらいです。私が子供の頃は温泉街を下駄を鳴らして彷徨するお客様でいっぱいでした。

それから団体客全盛期になって大型バスが水上に溢れました。今は団体客って見ないですね。

日本が ”個” の時代に移っているというのが良くわかります。でも、昨今の世相を見るともしかしたら ”個”ではなく

 ”孤” の時代なのかもしれませんね。ちょっと寂しい話です。ついでに寂しい話をもう一つ。

水上のお菓子屋も随分減りました。いわゆる饅頭屋です。温泉饅頭なんてお土産の定番でしたが

私が知っている範囲で10軒くらいあった饅頭屋が今では半分です。時代に淘汰されたんですね。

弊社もそうですね、饅頭屋がもつ煮を作るんですから。生き残るためには時に変化が必要なようです。

 

私が生まれる前は、水上と言えばスキーで名を上げていたそうです。すぐ近くに ”大穴スキー場” がありますが

インターハイ発祥のスキー場、なんて看板が立ってます。今では見る影もありません。

水上のスキー場というのは規模が小さなものがほとんどです。私たちなどの世代は長い距離を一気に滑走しリフト乗り場に

着くやいなや、スキーを外してブーツのバックルを緩め 「ウォー」 とゲレンデの上に倒れこんで足の筋肉痛に声を張り上げたもんです。

水上のスキー場は小さいのでこれができません。私たちがスキー場に行くと言えば新潟や長野のスキー場の事でした。

最近、偶然にもそんな昔話をあるコンサルタントと会う機会があり、スキー場の今と昔を話して頂きました。

世の中なんてどう転ぶかわからないんですねー。スキー全盛期の頃はお世辞にも水上のスキー場は勝ち組とは言えなかった

そうですが、今ははっきりと勝ち組だそうです。 「えっ、こんなにお客さんが少ないのに?」 とコンサルに聞き返すと、

スキー人口自体が減っていて、私の言う長い滑走距離を持つ長野や新潟のスキー場の苦戦はこんなもんじゃない、との

事でした。今、スキー場に一番求められているものは交通アクセスであって大きなゲレンデではないそうです。

都心から短時間で行けて、しかも高速のICから近いというのが勝ち組スキー場の共通点だそうです。

だから、ノルン水上スキー場は勝ち組の一番手だ、と言われました。悪い気はしませんねー、地元を褒められるというのは。

さらに、ノルン水上スキー場は夜遅くまで営業しているので今のニーズにピッタリなんだそうです。

地元で見ているとノルン水上スキー場も経営者が変わったりして苦戦している時代もあったように思えますが

今では勝ち組の一番手に上げられるほど経営努力されているんですね。

このご時世に立派だと感心しました。

▲ページの先頭へ

谷川岳の紅葉始まる?

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

今朝から谷川岳へすごい車の数。何かあるのかな?紅葉にはまだ少し早い気がしますが、もう始まったのでしょうか。

それとも、テレビで何かやりましたかね?昨日は谷川岳の慰霊祭があったのでそれなりのお客様だったのですが、

今日は何だろう?先日まで群馬県庁の物産展に出店していたので世間の様子がわからずにいます。

おー、おー、路線バスが満員のようです。バスの中がまっ黒で何も見えません。 あれ?帰る車もありますねー。

駐車場に入りきらないのでしょうか?

観光の商売に携わっていながら地元の人間が情報不足というのは頂けません。早速調べましょう。

▲ページの先頭へ