好きな食べ物

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、もつ煮のいさごや、竹内です。

弊社は元々お饅頭屋でした。 すいません、過去形じゃありません。今でも作ってます。

地元水上では ”いさごや” と言えばお菓子屋で通ってます。

今は ”お饅頭” より ”生大福” の方が話題にしてもらってますかね。

こっちは菓子工場の方で造ってます。店舗南側の工場です。

もつ煮は北側の工場で。

そりゃそうですよね。いっしょには造れません。許可証が違います。

私は甘党で ”お饅頭” も ”生大福” も大好きです。

でも仕事じゃないと食べません。毎日見てると自然と食べられなくなっちゃうんです。

”もつ煮” もそうです。大好きでした。 いえ、今でも好きなんですが、

やっぱり仕事じゃないと食べないですね。毎日見てるとダメなんですねー。

昔、得意先から ”チーズケーキ” を依頼された事がありました。

チーズケーキと言えば、私は ”モロゾフのクリームチーズケーキ” の大ファン。

よーし作っちゃおうかなー、と思って試作に入りました。

でも、ここでチーズケーキを作るようになったら、今度はチーズケーキも食べられなくなってしまう。

私は好きな食べ物がだんだん無くなってしまう。どうしよう。

だけどこれは仕事だ。得意先のニーズに応えるのも大切な事だ。なんて悩んでましたけど

幸い話を頂戴した得意先の方で方向転換してくれたのでこの話はなくなりました。

それでも惣菜工場の方で作りたい商品はまだまだあります。どれも私の好きなものです。

先が思いやられます。

▲ページの先頭へ

吉兆

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

うちの会社にはツバメの巣がいくつかあります。

毎年その内の一つにツバメがやって来ます。

でも、今年は二つの巣にツバメがやってきました。

ツバメの巣作りは吉兆だと言います。その家は栄えると。

良い話なので素直に喜んでおりました。

ところが、何と先日またツバメがやってきて巣を使い始めました。

おお、すごい!。三組み目だ。

この会社はどんなに繁盛するのでしょうか?

今からワクワクしてます。

 

そうそう、吉兆と言えば我が母校 ”高碕商業” を受験した時にもこんな事がありました。

私と私の長男はともに高商なんですが、2人とも不思議な体験があります。

まず私の体験から。

30年も前の事になります。

高商の受験を明日にひかえ高崎の叔父の家に泊めてもらいました。

期待と不安でいっぱいのまま布団に入りました。

なかなか寝付けずに窓から夜空を眺めていると、スーっと流れ星が窓の中を

横切って行きました。

あー!失敗した。願いを掛けるんだったー。と残念に思ったのもつかの間、

いやー、次から次へと流れ星が尾を引いて行くではありませんか。

願い事掛け放題でした。

もちろん、高商に合格しました。

私の長男の受験の時の話はウソのような話です。

受験の日、高商に一番乗りしようと朝早く家を出ました。

途中、コンビニで缶コーヒーやサンドイッチを買うと、何とお代が777円。

”おー!さい先良いぞー!”と、喜び勇んで高商に向かいました。

高商へも一番乗り。

まだ薄暗い中、外の空気を吸って目を覚まそうと2人で車を降りました。

遠くから車のヘッドライトがだんだん近づいて来ます。

車が私達の横を通りすぎる時、何気なくナンバーを見ると、何と、777。

”お前、合格するようだな” と子供に話し、あまりの出来事に妻にメールを入れました。

もちろん、子供も合格しました。

ウソのような本当の話です。

▲ページの先頭へ

オリンピック 2

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

昨夜のオリンピック男子柔道の海老沼選手の試合は強烈でしたね。

3本上がった旗の判定がひっくり返ったのもすごかったですけど、

その前の会場のブーイング。

何か異変でも起こる前の地鳴りのようなすごさを感じました。

不思議なのは、あんなにたくさんの観客が海老沼選手の判定勝ちを予測できたのに

審判3人が3人とも相手選手の旗を上げた事です。

あの審判って柔道の関係者ですよねー?

審判団選考の基準ってどういうの?って、つい考えちゃいます。

昨日の判定は覆ったから審判の判定ミスだったんでしょうけど、

それにしても青旗が3本 ”さっ” と上がったあの勢いはただの判定ミスなのでしょうか?

判定ミスを責めるつもりはありません。審判も人間ですから。

そうじゃなくて、あの青旗3本が ”さっ” と上がるその真意が気になるところです。

例えば、ホームとアウェイ、例えば、世界基準と日本基準、または、失礼な話ですが審判の技量、

または、嫌悪感情、考えればきりがないのかもしれませんが知ってみたいところではあります。

判定が覆ったあとの相手側の抗議の勢いからして海老沼選手の勝ちは妥当な判断だったようです。

でも、可哀想なのは海老沼選手と相手の選手。

勝った方も負けた方もすっきりしない。

私なら 「何なんだよ」 ってすねちゃってますよ。

それはさておき、まだまだ試合は続きます。日本選手ガンバレー。

▲ページの先頭へ

就職戦線

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮、竹内です。

この時期からでしょうか、弊社に原材料や機械を納入してくれるメーカーさんが新入社員の方を

同伴して挨拶にいらしてくれます。

東都や地方の四方山話をお聞きできるので楽しみにしています。

最新の知らない情報を色々と仕入られます。

水上なんて関東の一番北のはし、谷川岳を越えれば新潟県ですから東京に行くには決心が必要です。

それはまあ歳のせいですか、車で2時間あれば着きますからね。

学生の頃なんて水上-東京間を1日2往復した事もありました。へっちゃらでした。

最近の新人さんに共通しているのは就活がとっても大変そうだという事です。

70社、80社受けている方が何人もいますが、中には100社くらい受けている

方もいました。

私達の時代と大違いです。

私達の頃は一人で何社も内定を頂いて最後にお断りするのが大変なほどでした。

中には本人のお詫びだけでは済まず、ご両親まで呼び出されて会社に頭を下げに

行った先輩もいました。

ちょうどバブルの頃でした。

バブルはよろしくありませんが、それでも景気というのは少しずつでも右肩上がりが

望ましいようです。

明日に期待の持てない社会というのはどうも活力がありません。

今日より明日は良くなる、給料もだんだん上がる。そう感じられれば違いますよね。

もちろん、お金が全てではありませんが一番手っ取り早く世相を表す指標ではあります。

新人さん達に就活の話を聞くと、試験に落ちて落ち込むのは最初のうちだけだと言ってました。

最初のうちは自分の人格まで否定されたようで相当なショックだったと話してましたが

そのうちに免疫が付いてきてお祈りメールをもらっても 「あ、またか」 くらいで済むようになったそうです。

ある意味、強いですね。

私ならグレちゃってたかもしれません。

新入社員のみなさん、頑張ってください。

 

▲ページの先頭へ

オリンピック

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、もつ煮のいさごや、竹内です。

昨日のオリンピック女子柔道の福見選手は残念でした。

何か可哀想でした。

あの悔しさに満ちた中でのインタビューってどうなんでしょうか?

きっと、JOCから ”試合後のインタビューには丁寧に答えるように” と指示が出ているのでしょうが

どうもあれを見るのは辛い。

そっとしておいてあげたいと思うのは私だけでしょうか?

 

昨夜は組合の会議があり、その後懇親会もありました。

私が福見選手が負けたのを見たのはその懇親会の席です。

正確に言うと、負けたのを見たわけではなく、相手の選手がガッツポーズをしていたのを見てそう推測したのです。

組合の中にはお世話になっている先輩方もいます。

帰りのタクシーの中でオリンピックの話題になり、私が

「福見選手、たぶん負けましたよ」 って言ったら、先輩方が

「何!やわらちゃんに勝ったあの福見が負けた?」

「たぶん」

「たぶんって何だよ!」

先輩方から本当に負けたのか追求されて、相手がガッツポーズをしていた事を話すと

決勝か?準決勝か?相手は?などと質問攻めに遭いました。

「私も良く見ていなかったのでわかりません」と答えると

「電話しろ!電話!」

「え、どこに電話するんですか?」

「JOCに決まってるだろ!」

とんだ災難です。夜の12時ですよ。

酔っぱらいは困りますね。お酒は楽しく飲みましょう。

 

私は柔道に関して素人ですが、柔道の国際試合を見ていつも感じるのが、

世界の柔道は日本の柔道と違って美しくないという事です。

日本の柔道はちゃんと技を掛け合って競いますよね。

見ていて美しいです。負けた方にも潔さを感じます。

世界の柔道は何を競っているのでしょうか?

勝敗だけしか、結果だけしか求めてないように私には見えます。

昔、剣道をやっている友人に剣道はオリンピック種目にならないのかと尋ねた事があります。

剣道がオリンピック種目になれば日本選手の勇姿が見られると思って聞いたのですが、

その友人が言うには、オリンピック種目にはしたくないと言っていました。

理由は、剣道を柔道のようにしたくないからだそうです。

私はその言葉に納得もし感心もしうなずきました。

日本の純真さや美しさや潔さといった文化を失いたくなかったからです。

▲ページの先頭へ

友有り遠方より来たる。遠方でもないか。

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、

昨日、私が浪人している時の友人が遊びに来てくれました。

彼は今、立派に更生して先生をしてます。

自宅の庭でハーブを作っていると言ってました。

テレビや雑誌でよくハーブを題材にしていてあまりにメジャーなので、最初はバカにして

真剣に育てていなかったようです。

ところがある時料理に使ってみたら格別の味になったとハーブを絶賛しておりました。

彼が言うには、 ”ハーブを入れるとダシを取らなくてもしっかりとした味付けになる” との事でした。

彼との付き合いはかれこれ30年になりますが、彼が料理をするという話しは今日始めて聞いたので、

あまり期待せずにレシピノートの端に書いておこうと思います。

 

▲ページの先頭へ

寝苦しい夜でした

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、もつ煮の「いさごや」店主竹内です。

昨日の夜はめずらしく水上も気温が下がらずに寝苦しい夜でした。

水上は朝晩は気温も下がって、特に明け方なんか毛布一枚では寒い日があります。

昨日はちょっと変でした。温暖化でしょうか?

でも、最近のテレビでは ”地球は寒冷期に入った” なんて事を話す方も見受けられます。

温暖化もイヤだけど、寒冷期もご免被りたいですね。

冬の水上は厳しいです。特にここ湯桧曽は。

雪が多いですよ。雪が。

新潟みたいに雪がたくさん降るわけじゃないんですけど、風の作用ですかね?

うちの会社の駐車場なんて一晩で人の腰くらい雪が積もる時があります。

水上自体にそんなに雪が降っているのかというとそうでもない。

やはり ”風の吹きだまり” とでもいうんでしょうか。

話しは変わりますが、

「いさごや」というのは弊社の屋号です。

昭和11年創業のお饅頭屋さんです。お爺さんが始めました。

父がその後を継ぎ、現在私が店主をやらせてもらっております。

もつ煮は平成16年から始めました。

お陰様をもちまして、お得意先まで付いて頂きました。

現在、青森から愛知まで卸業務もやらせて頂いております。

今後ともごひいきを頂けますようよろしくお願い致します。

 

▲ページの先頭へ

高商、おめでとう!甲子園へ

モツ煮家店主のブログ

校長先生、後輩諸君、甲子園出場おめでとうございます!

22年ぶりですか、本当にうれしいです。

仕事なんか手につきません。

HPを製作して頂いたBCOOLの高橋さんから

「学校のことじゃなく仕事の事を書き込んでくださいね」と言われましたが、

母校の事で頭がいっぱいです。

高崎商業、いい学校になりました。

私たちがいた頃は風紀も質もあまり良くなかった。

でも、先生が厳しかったからあの頃から規律正しい学校にしようと

努力されていたのかもしれません。

ここ数年は中堅私立はもちろん、六大学や国公立に何人も合格者を出しているようです。

実業高校じゃないみたいです。

何が変わったかって生徒の質が変わりました。

一歩校門をくぐると生徒たちが立ち止まって「こんにちは」って挨拶してきます。立ち止まってですよ。

礼儀正しいですねー。

何でも、学校で「挨拶」「掃除」「部活」に重きをおいて指導しているとの事。

日曜日に学校に行っても学生であふれています。

こんな校風に感激して子供まで高商に入れてしまいました。

次回はちゃんと仕事の事を書きます。

▲ページの先頭へ

夏本番です。

モツ煮家店主のブログ

こんにちは、谷川岳のもつ煮の竹内です。

とうとう水上にも夏がやって来ました。

昨日、今日と30度をかるく超えています。

ただ、朝夕は涼しくなるのでその辺が都心との違いでしょうか。

みなさんは”一ノ倉沢”をご存知でしょうか?

谷川岳のロープウェイからR291を少し行ったところなんですが、

ここの水はすごく冷たい。沢の水の中に手を入れていられません。

氷っちゃう気がします。

ぜひ一度、谷川岳一ノ倉沢へいらっしゃってください。

▲ページの先頭へ

母校高商、高校野球群馬県大会決勝へ!

モツ煮家店主のブログ

どうも、もつ煮の竹内です。

我が母校高商が決勝に進みました。

あと一勝で甲子園です。

仕事どころじゃありません。

甲子園が決まったらお店を休みにして見に行くぞー。

って言ってみたいのですが、できないんです。

でも、水上で応援してますから、生徒諸君頑張ってください。

▲ページの先頭へ