ハザードランプ

モツ煮家店主のブログ

通勤途中の出来事です。

横道から私の車が走っている本線に入りたがっている車がいました。

私は車の速度を落としてその車を本線に入れてあげました。なんて優しい私。

そして、その車からお礼のハザードランプが1回、2回。

いや、まだ終わらないようです。3回、4回。

えっ!まだ? そして5回。

おお、5回で終わったようです。

不意に私の脳裏に浮かんだのは、「ブレーキランプ5回点滅愛してるのサイン」

そう、ドリカムの歌の歌詞。

あの時のドライバーさんが女性であることを願ってはいけない時代なのを私は知っている。

▲ページの先頭へ

轍(わだち)

モツ煮家店主のブログ

除雪に明け暮れていたある日の朝。

その日も駐車場を除雪するために会社に向かっていた。時間は5時頃だったろうか。

私の車の前にはまだ1台しか通っていないのが轍でわかった。

私はその轍の跡をずっと規則正しく走って行った。

とある場所で目の前に続いている轍が急に左に曲がっていた。

その轍が曲がった先が土手になっているのを私は知っている。

案の定、土手に着いた雪には車の顔がかたどられていた。

そして一度バックした跡。

そこからはまた規則正しい轍が残っていた。

ある朝の出来事でした。

▲ページの先頭へ

ああ、大晦日

モツ煮家店主のブログ

我が家の仕来りは、大晦日は寝ないで好きなことをして良いことになっています。

紅白を見るも好し、ガキつかを見るも好し、映画もスマホも自由です。

英語で書けば、Freedom 。

そんな大晦日を楽しみにしていた私に年末の寒波が襲ってきました。

水上は大雪。明けても除雪、暮れても除雪。もう、除雪除雪。

朝は従業員が来る前に駐車場をかかなければいけないから4時起き。

帰る前に一かきしないと朝が大変だからブルに乗ると帰宅は深夜。

大晦日にやっとの思いで家に帰って少し横になろうと思い

カミさんに、「年越しそばが出来たら起こしてくれ」と言って爆睡。

目が覚めたら元日の10時。

クソー! 寒波めー! 俺の大晦日を返せー!

ちなみに、年越しそばは元日の夜に食べました。

▲ページの先頭へ

商売人

モツ煮家店主のブログ

商談で草津に行きました。

草津に行ったのは初めてです。

いつでも行けると思っているとなかなか足が運べないものです。

得意先の方から草津の標高は1200mだと知らされました。

初めて草津のホテル群を見た時、

「わー、標高1200mでこのホテル群の水はどうしてるの?」と思ってしまいました。

何で素直に、「あー、このホテル泊まりたいなー! あっちのホテルもいいなー!」

って感想が出てこないかなー。

そんなことを後から考えて商売人の発想にちょっと自己嫌悪です。

▲ページの先頭へ

愛着

モツ煮家店主のブログ

会社の事務所で使っているファンヒーターがあります。

もう5~6年使っているでしょうか。

スイッチをオンにすると黒煙を出してしまうことがあります。

そんな時は一度スイッチをオフにして少し時間をおいてからまたスイッチを入れます。

でも、忙しい時に限って黒煙を吐くのでいい加減もう買い換え時かと感じています。

「今度黒煙を吐いたら買い換え!」と自分に言うのですが、

何かこうダメな奴でも愛着があって、かれこれもう「今度黒煙吐いたら~!」を

20回以上繰り返していると思います。

ダメな奴にはダメな奴の気持ちがわかってしまうので踏ん切りがつきません。

ん? これは愛着とは違うかな?

▲ページの先頭へ

ビッグになる条件

モツ煮家店主のブログ

いわゆる成功者という人を何人も出している高校の先生の話です。

あの時にもっと英語を勉強していれば、あの時に受験勉強をもっとしていれば、

あの時に留学していれば、あの時に先生の話をちゃんと聞いていれば、

あの時に転勤を受けていれば、等々、今頃悔やんでいる人は普通の人だそうです。

成功している人は、その「あの時」に黙ってそれを実行していた人だそうです。

耳が痛い。

そして、その先生が「彼らは話しも考え方も大人だった」と語っていました。

じゃあ元から出来が良いんじゃん! と思ってしまう私は普通の人です。

▲ページの先頭へ

逆走

モツ煮家店主のブログ

去年すごい話を聞きました。

高速道路の逆走件数は、2日に1件、の割合だそうです。

そんなにあるとはびっくりです。

高速逆走を目撃した同級生がいます。

その時の状況は、同級生は走行車線を普通に走っていたそうです。

何となく追い越し車線の車がみんな走行車線に入ってくるなー、

なんて思ってたら追い越し車線を逆走車が、ビュン! と抜けていったそうです。

同級生は 「?」 の状態で一瞬訳が分からなかったそうです。

それにしても走行車線を走る結構な数の対向車とすれ違うだろうに

気が付かないものなんでしょうか?

▲ページの先頭へ

深い!

モツ煮家店主のブログ

イチローの話を聞きました。

少年野球の子ども達に話した言葉だそうです。

曰く、

「出来ると思っても出来ないことがある。でも、出来ないと思ったら絶対出来ない」

子ども達ではなく50のおっさんが心を打たれました。

深いなー、

やはりあれくらいの人間になると心構えが違うのですね。

論語を読んだ後の気分でした。

▲ページの先頭へ