逆走

モツ煮家店主のブログ

高速道路での逆走のニュースを時々耳にします。

今年は群馬県でも逆走の死亡事故がありました。

この高速逆走は2日に1件の割合で起きていると聞きました。

何とも怖いお話しです。

▲ページの先頭へ

ん!あれ何?

モツ煮家店主のブログ

会社からの帰り道、

ふと、前の車のバンパー下に目がいった。

車の下から何かが垂れ下がっている。

太い配線が切れてぶらさがっているように見えた。

これはドライバーさんに伝えた方がいいのかな? 

などと思いながら信号で止まった。

その時にもう一度よ~く見てみると、配線ではなく人形だった。

そこにぶら下げますか。

▲ページの先頭へ

元日のスーパー

モツ煮家店主のブログ

湯原店でネギを切らしてしまい元日にスーパーへ行ってきました。

1月2日からの分が足りなくなってしまったからです。

ところが、どのスーパーに行っても元日は休み。

開いているお店があってもなぜかネギは売り切れ。

しかも店内と駐車場は大混雑。

元日ってみんなこんなにスーパーに来るんだと初めて知りました。

50を過ぎての社会勉強をさせていただきました。

▲ページの先頭へ

東大

モツ煮家店主のブログ

法政の野球部でピッチャーをやっていた方の話を聞きました。

彼は投手としての感が人一倍強くて、マウンドから少し打者を観察するだけで

その打者が何をしようとしているのかわかったそうです。

だからどの大学の打者も怖くはなかった、と話されていました。

相手の考えがわかっていればどんな強打者も対応はできるそうです。

しかし、唯一東大の打者からだけは何をしようとしているのか

感じ取れなかったから東大との試合は嫌だった、と話されていました。

やはり東大クラスの頭は違いますよ、と話されていたのが印象的でした。

▲ページの先頭へ

スタッドレスタイヤ

モツ煮家店主のブログ

11月の中旬頃の話です。

いつもお世話になっている車屋さんに行って

営業車のスタッドレスタイヤをお願いしてきました。

水上はたまに11月に雪が積もることがあるからです。

「雪が積もって配達できません」は水上では通用しません。

それで、車屋さんと話していたら、今はとても安いタイヤも出ているとの事。

中国製ですが普通に使えますよ、と言われました。

中国ってタイヤの世界にも進出しているんですね。

▲ページの先頭へ

自転車の道路交通法?

モツ煮家店主のブログ

会社からの帰宅途中で高校生がお巡りさんに

何か言われているのを見かけた。

夜の10時頃である。

たぶん塾の帰りであろう高校生が横断歩道を自転車で渡ったのが原因らしい。

私は高校生が横断歩道を自転車で渡っているのを見ても

何の違和感も感じなかったが、今の法律ではいけないらしい。

そう言えば、自転車は歩道ではなく車道を走らなければいけなくなったとテレビで見た。

でも、何かしっくりこない。

▲ページの先頭へ

2020年カレンダー

モツ煮家店主のブログ

メーカーさんから、「来年もよろしく」とカレンダーをもらった。

11月初めのことである。

もうそんな時期かと呆れた。

歳を取ると1年が早いが今年もあったいう間であった。

平成が終わり、令和が始まり、増税があって、凄い台風が来て、ラグビーが盛り上がった。

オリンピックは来年だから本当の盛り上がりはこれからだろう。

人手不足と騒いでいるわりには景気は悪いらしく銀行の店舗が

次から次へと無くなっている。

来年はどんな年になるのだろう?

▲ページの先頭へ

タクシー その2

モツ煮家店主のブログ

前回の続きです。

仙台では「町」と「丁」があるとも説明された。

ドライバーさんに「どうちがうのですか?」と質問すると、

「町」は普通に住所に使われている町だが、「丁」は横丁の感覚です、と

答えてくれた。

私は、その横丁の感覚という感覚がつかめずに今日に至っている。

でも、とっても親切なドライバーさんだったので

タクシーを降りる時に「おつりは結構です。講義代です」と言って降りた。

40円だったけど。ドライバーさんも笑ってた。

▲ページの先頭へ

タクシー その1

モツ煮家店主のブログ

先日出張で仙台に行った。

仙台駅から得意先までタクシーに乗った。

ドライバーさんが気さくな方で、得意先までの10分か15分だったが

仙台の歴史や街の作りなどを説明してくれた。

やはり大きな城下町だけあって一つ一つの町に独特の由来が感じられた。

興味深かったのは、お寺が集められていたのか、お坊さんが集められていたのか、

坊主町と呼ばれる地域があったという話だった。

お坊さんたちが集められちゃったら檀家ってどうなるんだろう?

と素朴な疑問が湧いた。

▲ページの先頭へ