大人の振る舞い

モツ煮家店主のブログ

高商の本部総会が終わり、沼田へ帰ってきてから利根沼田支部の懇親会が始まった。

その飲み屋さんでの出来事である。

幹事役の大先輩が店のオーナーさんに1万円渡していた。

利根沼田支部の会計時には、この1万円を差し引いて人数割りしてくれと。

ドライバーをしている私は駐車場に車を置いてくるため皆より入店が遅い。

だから、この大先輩と店のオーナーさんとのやり取りを知ることが出来た。

見られた大先輩は私に「シーッ!」と内緒にしておけと人差し指を立てた。

大先輩の気持ちを察して「いつもすいません」と頭を下げるだけにとどめた。

先輩とはこうあるべきという見本であった。

▲ページの先頭へ

これ、実話です

モツ煮家店主のブログ

友人Sが高速を120kmで走行。

覆面に見つかり覆面に先導されつつ走行車線に移動。

Sは観念して覆面の後ろを巡航。

その時、追い越し車線を弾丸のように突き進んで行く車が出現!

覆面はSを打ち捨てて急遽サイレンを鳴らし追跡。

その後、Sは警察からの連絡を待つも音沙汰なし。

現在に至る。

本当の話です。

▲ページの先頭へ

落とし穴

モツ煮家店主のブログ

友人があるお店の開店祝いに行ってきました。

オーナーさんが知り合いなんだそうです。

「おめでとうございます!」、「ありがとうございます」 の挨拶のあとに

友人が胡蝶蘭を差し出したら、オーナーさんが「そこに置いといてください」と一言。

オーナーさん、胡蝶蘭を受け取らないでそれを置く場所を指差したそうです。

これで終わり。

友人は「あいつとの付き合いはもうしない」と私にさっき話してました。

些細なことなんですが、人としての礼儀と相手の気持ちに対する感謝が感じられません。

人間、浮かれているとろくなことがないというのは本当です。

私も気を付けなくてはと強く思いました。

▲ページの先頭へ

異業種交流

モツ煮家店主のブログ

お話を伺ってみて、他の業種については何も知らないものだと改めて思いました。

精密機器や資源、引っ越し、保険等、色々な方のお話を伺ってとても面白かった。

私たちが一番驚いたのが、引っ越し商社さんの話。

群馬県だけでも最低1日に20件の引っ越しがあるそうです。繁忙期は数知れずだそうです。

しかも、それは交流会に参加した引っ越し商社さん1社だけの話。

他社を入れれば何件になるんだ? と私たちは顔を見合わせました。

保険会社の方のお話も凄かった。

東日本の震災の時には、現地調査に行くものの会社からの指示で

契約者に対して満額回答をするようにとお達しが出ていたそうです。

世間は広い! と改めて感じた次第です。

▲ページの先頭へ

大学教授の話

モツ煮家店主のブログ

今年の春頃だったか、ラジオで大学の教授が話をされていました。

ユーモアのある先生でした。

この先生は国語の先生なのですが、学生には問題の答は自分で感じたままを書いてほしいと

話されていました。

本人がそう感じたのならそれが答ですとおっしゃってました。

色々な感じ方があっていいそうです。

国語はファジーな学問なんです、とおっしゃっていました。

こんな先生の授業を受けられる学生は幸せだなー、

なんて思いながら聞いていました。

▲ページの先頭へ

地震

モツ煮家店主のブログ

6月の中旬頃、群馬県の赤城山付近をを震源とする地震がありました。

渋川市で震度5弱、お隣の沼田市辺りでも結構揺れたようです。

陳列台の商品が落ちたお店があったそうですから震度2か3くらいでしょうか。

水上はどうだったかというと、うちの会社の従業員は誰も地震に気が付きませんでした。

唯一、売店にいた女の子が、バスが通った揺れかと思った、と言ってました。

偶然その時に会社の前をバスが通過したのだそうです。

東日本の震災の時も水上はあまり揺れませんでした。

過疎の町ですけど地震には強いようです。

▲ページの先頭へ

EV

モツ煮家店主のブログ

EVとは電気自動車のことです。

近頃はだいぶ見かけるようになりました。

会社をやっている友人が営業車をEVに換えて

ガソリン代がかからなくていい、と言っていましたが、

彼の会社のEVは電気満タンで140kmくらいしか走らないそうです。

なので毎日がガソリン車で言うところの赤ランプ(燃料切れ)状態だそうです。

彼が言うには、ガソリン代をうかせて毎日充電切れを気にするか、

ガソリン代を払ってストレスなく運転するか、そのどちらかだそうです。

▲ページの先頭へ

グチ

モツ煮家店主のブログ

先日、ご来店いただいたお客様のお話です。

家をリフォームしようとして銀行で300万下ろそうとしたら

オレオレ詐欺と間違えられてお金が下ろせなかったそうです。

理由は理解したそうですが、本当にリフォームのお金だからと

窓口で押し問答していたら警察にまで来られてまいったとおっしゃってました。

警察からは着信記録やリフォームの見積書まで見せてほしいと言われて

迂闊にリフォームもできやしない! とご立腹のご様子でした。

話を聞いていて、私たちが思っている以上に銀行や警察で

オレオレ詐欺の対策がなされているんだなあ、とある意味感心しました。

▲ページの先頭へ

日本大学

モツ煮家店主のブログ

日本大学、良い名前です。

東大に縁はありませんが、東京大学と日本大学、

名前だけ見てどちらが好みかと聞かれれば、私は日本大学と答えます。

まあ、何の意味もないことですが。

好きな大学なので母校として恥じた事はありません。

しかし、あのアメフトの一件は頂けなかった。

潔さが微塵も感じられなかった。

我が母校に、偏差値を上げろ!なんて事は思ってもいません。

だって日大だから。

でも、日本大学として、人として、の矜持は持ってもらいたい。

卒業生からのお願いです。

▲ページの先頭へ

気になる信号機

モツ煮家店主のブログ

水上に「谷川温泉入口」という信号があります。

以前からこの信号には疑問をもっていました。

とにかく引っかかる信号なんです。枝道に行くための信号なのですが

やたらと本道に赤信号を出します。冬などはよく渋滞の原因になったりします。

水上の主要道路は国道291号線です。人間で言えば大動脈の役割を果たしています。

この道路から水上のあちこちに血液を送り出すべく道路が延びています。

しかし、この大動脈を「谷川温泉入口」という信号がけっこうな確率で塞いでしまっています。

何故ここまで本道に対してこの枝道が優先されているのか?それが疑問なんです。

信号機の時間ってどうやって決めているのでしょうか?

▲ページの先頭へ