鹿を追う猟師は山を見ず

モツ煮家店主のブログ

驚きました。

今日は10月25日 日曜日。

得意先回りをしようと営業車に乗って会社から数キロ走った所で

山の変化に気付きました。

山は見事に紅葉していました。

ここまで紅葉するまで全く気が付きませんでした。

仕事熱心なのは良いのですが、ここまで来るとちょっとどうなのでしょうか?

周りが見えていないとはこのことか、と自問しています。

▲ページの先頭へ

マイクロバス

モツ煮家店主のブログ

前回の観光バスで思い出しました。

朝、高速に乗っていたら甲子園で有名な某高校のマイクロバスが2台

走っていました。

その後を3~4台同じ地域のナンバーの乗用車が付いていきます。

部活の遠征だな、と自分を懐かしく思いました。

ただ、ちょっと心配したのが結構な雨降りだったのでマイクロバスの窓が

全部閉じられていたことです。密ですね。

彼らに何事もないことを祈ります。

▲ページの先頭へ

観光バス

モツ煮家店主のブログ

水上で観光バスをたまに見かけるようになりました。

バスも色々とコロナの対策を施して運行を始めたようです。

本当なら今の時期(10月中旬)は毎日たくさんの観光バスとすれ違いながら

得意先を回っているはずでした。

何かのコマーシャルに「健康な時、忘れているのが健康」というのが

ありましたが、今それを思い出します。

水上も紅葉が始まります。

▲ページの先頭へ

在宅勤務

モツ煮家店主のブログ

コロナ禍でのリモートワーク、だいぶ浸透しているらしいですね。

私たち中小零細の製造業では人の力は必要不可欠ですが、

オフィスビルの事務職では色々な転換が出来るようです。

そんな中、難しい問題を提起したアンケート結果が出ていました。

主婦の4人に1人が夫の在宅勤務に反対とのことでした。

きっと夫の世話が増えて主婦の仕事や生活リズムが狂うのでしょう。

ロックダウン時の欧州で夫婦間のDVの増加がテレビにでていました。

たとえ夫婦でも1日中顔を突き合わせているというのは難しいようです。

▲ページの先頭へ

健康診断

モツ煮家店主のブログ

春先に健康診断を申し込もうとしたら従業員から

「えー!やるんですかー!」とみんなに反対されました。

毎年健康診断をお願いしている病院でコロナが発生していたから

まあもっともな話だと思ってその時は申し込むのを止めました。

でも近頃はだいぶコロナ対応の生活にも慣れてきたのか

「やっぱり健康診断やってほしい」と従業員から意見が出るようになりました。

それじゃ、と健康診断の申込みをしたら、検診日は何と3月、半年先です。

病院もとても混み合っているそうです。

世間もみんな同じような行動をしているようです。

▲ページの先頭へ

防護服

モツ煮家店主のブログ

近くの病院で防護服を着た看護師さんが駐車場に止まっている車の所へ

来ているのを何度か見かけました。

最初は水上でもコロナがでたのかとゾッとしましたが

周りの話を聞くと風邪の症状の来院者には

そのように対応していることがわかり安心しました。

しかし、コロナというのはたちが悪い病気ですね。

誰でもかかる一番メジャーな風邪と症状が同じなんて。

▲ページの先頭へ

いびき

モツ煮家店主のブログ

いびきを聞くと誰のいびきかわかってしまう、

と、京都大学の山中教授が話されていました。

山中教授クラスになると1日中会議だそうですがリモートワークというか

確か音声会議とか電話会議と言っていました。

世界中の学者が参加している会議なので英語での話だそうです。

しかも世界中の学者との会議なので時差があり会議が昼間とは限らず

そうすると、どこかの誰かのいびきが聞こえてくる時もあるとのこと。

山中教授がおっしゃるには、いびきが聞こえてくると

電話会議とはいえそれが誰のいびきかわかってしまうそうです。

面白い話でした。

▲ページの先頭へ

苦笑

モツ煮家店主のブログ

NHKのラジオ子供科学電話相談は本当に面白い。

先日、水は氷るのになぜうどんに付いてくる汁は固く氷らないのか?

という質問をしてきた子供さんがいました。

回答者の先生が、凝固点降下だったでしょうか、その理屈へ誘うべく

「〇〇ちゃん、その汁はどんな味がした?」と、たぶん、しょっぱい、という

返事を導きだしたくて尋ねたのですが、返ってきた返事は、

「美味しい味がした」でした。

回答者の先生もアナウンサーも一瞬絶句したあの間が

可笑しくて可笑しくて運転中でした思わず笑ってしまいました。

▲ページの先頭へ

AIの人事査定

モツ煮家店主のブログ

ラジオで嫌な話を聞きました。

アメリカでこれからの日常に向けたリモートワーク用のAIによる

人事査定システムが使われ始めているとのことでした。

相当数の企業がそれを使っていて日本の大企業も関心を示しているとか。

恐ろしくきめ細やかなシステムが作り上げられていて

多種多様のイレギュラーも想定済みだそうです。

昔ルパン三世でルパンの行動をコンピューターが予測し

ルパンを追い詰めて最後の最後でルパンが逃げ切る場面がありました。

逃げ切った勝因はルパンの気まぐれだった、という話でしたが、

古い頭の私はその気まぐれを応援したくなります。

▲ページの先頭へ

未来を感じました

モツ煮家店主のブログ

この4月から下の子が大学生になって東京にいます。

剣道部に入っているのですが、コロナの騒ぎで部活なんてできないだろうと

思っていたらしっかりやっているそうです。

ソーシャルディスタンスであまり道場には集まれないと言っていましたが、

オンライン部活なるものをやっているという。

部員が順番で練習メニューを示して各自がそれを自宅のPC画面で

皆のオンライン練習を見ながらやるのだそうです。

SF映画の一コマかと思いました。

とても私たちの世代では考えが及ばない世界です。

▲ページの先頭へ