包材メーカーさんからの電話

モツ煮家店主のブログ

「お世話になります。○○株式会社の○○です。

 竹内さんちょっとお聞きしたいのですが、水上の生大福というお菓子を

 知ってますか?」

「そりゃ知ってますよ。何で?」

「いや、水上で生大福が売れてるって聞いて今度営業に行きたいのですが、

 竹内さんがその会社さんを知ってるなら紹介していただきたいと思って」

「んー、そんなに売れてないと思いますよ」

「それでもお願いしますよ。コロナのせいで売上が下がってるんですよ。

 会社で新規開拓しろってうるさいんですよ」

「でも今コロナで営業って喜ばれないんじゃないの?」

「いえ、先方様にも必ず喜んでいただける条件を持って行きます」

「え、値下げしてくれるの?」

「えっ? どういう意味ですか?」

「そういう意味ですよ」

「ええっ! 生大福って、竹内さん? だって竹内さん、もつ煮・・・」

これは実話です。

 

▲ページの先頭へ

引き出しの中

モツ煮家店主のブログ

用事があって某役所に行った時のことです。

窓口に一番近い机に向かっている若い女性職員が引き出しを開けました。

見るつもりはなかったのですが、引き出しの中身が見えてしまいました。

3時のおやつ用でしょうか、かりんとうにばかうけ、それとソイジョイが数本。

チョコレート味です。

その時の私の率直な気持ちは、若い女の子がかりんとうなんて食べるんだー、

と、ちょっと意外な感じでした。

でも、なんか癒されました。

おしゃべり一つない役所の中で、一服の清涼剤を得た気がして。

▲ページの先頭へ

対話

モツ煮家店主のブログ

コロナの中、営業に伺うというのが歓迎されない時があります。

もちろん感染を心配してのことです。

こと、関東から伺うというのはちょっと敬遠されがちな気がします。

こんな時は群馬もしっかり関東に認識されます。

しかし、面と向かって話をさせていただかないと中々伝わりづらいことも

あるようです。電話だとちょっとくどい話になってしまうこともあります。

その辺を考えるとリモートワークは電話より話の伝わりがいいように思えます。

人との対話というのは表情も含めてのコミュニケーションなんだなと

コロナの中あらためて感じました。

▲ページの先頭へ

緊急地震速報

モツ煮家店主のブログ

2月13日の夜、福島県沖の地震でカミさんの携帯がけたたましく鳴り響いた。

そう、緊急地震速報のあの音のはずだった。

しかし、カミさんの携帯から鳴り響いたのはハードロックの大音響であった。

あまりの音の大きさにテレビの地震速報が聞こえないので、

その音楽を止めるように言ったが、ハードロックが止まらないと言う。

音量の調節も出来ないし、止めることも出来ないとあたふたしていた。

どうにもこうにも大音響が収まらないので電源を切ったと言っていた。

カミさんは何もいじっていないと言うが、緊急地震速報の音って変えられるの?

▲ページの先頭へ

間一髪

モツ煮家店主のブログ

横浜出張の日。

ルートは、関越 - 環八 - 第三京浜。

環八で混むと予想、三好でトイレ。

しかし、環八。

東京を出て30年、環八の混みは健在。

もよおしてきましたー。

コンビニの駐車場、どこもいっぱい。

耐えに耐え第三京浜へ。

こんな時でも制限速度プラス10kmの俺偉い。

保土ヶ谷PAへ滑り込み。

あー! 駐車場いっぱい。

誰か出て行ってー!

▲ページの先頭へ

南半球!

モツ煮家店主のブログ

ニュージーランドがコロナを抑え込んでいる。

と、何度も耳にしていました。

ニュージーランドって凄いなー、と漠然と思っていましたが、

南半球は季節が反対だから有利な面もあるのでは?

という記事を見て、なるほどー、と単純に感心してしまいました。

そういえば日本も夏場は結構コロナを抑えていたような気もします。

しかし、南半球と北半球は季節が逆なんて今思い出しましたよ。

▲ページの先頭へ

イチゴ

モツ煮家店主のブログ

イチゴの旬が春だなんて初めて聞きました。

クリスマスケーキの印象が強くて、てっきり冬の果物だと思ってました。

しかも、世界の消費量の半分くらいは日本で消費していると聞いて

そんなに日本人はイチゴ好きなのかと驚きました。

この話は、市場の方が話しているのをラジオで放送していたものです。

市場の方曰く、イチゴはヘタが付いている状態で洗った方が

美味しくいただけると話されていました。

ヘタを取ってから洗ってしまうと水っぽくなってしまうそうです。

イチゴ一つとっても奥が深いんですね。

▲ページの先頭へ

大臣からのお願い

モツ煮家店主のブログ

感染者数の増加に歯止めがかからないようです。

緊急事態宣言の中、街を行き交う人が減らないようので

大臣が街角に設置されている大きなスクリーンで

その街を行き交う人達に出歩かないようにお願いするそうです。

気持ちはわからないでもないですが、大臣より俳優さんやスポーツ選手、

または有名人でコロナの辛さを味わった方に

お願いするほうが効果があるような気がするのですが。

▲ページの先頭へ

再度緊急事態宣言

モツ煮家店主のブログ

どうも二度目の緊急事態宣言が出されるみたいです。

メディアでは政府の対応が悪いとしきりに報道しています。

でも、こんな事誰がやっても上手くいかないと思います。

どの時点でどの対応が正しかったなんていうのはコロナの騒ぎが収まって

その後の検証でわかってくるもので、今現在の判断がどうなのかなんて

とてもじゃないけどわからないと思いますよ。

ただ、みんなコロナに慣れてきているのはちょっと心配しています。

概ね日本はよくやってるんじゃないでしょうか。

▲ページの先頭へ

都道府県魅力度ランキング

モツ煮家店主のブログ

栃木のメーカーさんが新年の挨拶に来てくれたのでいつも私が疑問に思う

栃木が魅力度ランキングで下位の件を聞いてみました。

要は、日光を持つ栃木がいつも下位というのなぜ?

東照宮に中禅寺湖、日光ではないけれど那須もある。修学旅行や観光客も

たくさん来ているのになぜいつも下位なのか?ということです。

メーカーさんは、「得意先でよく聞かれます」と話された後に

「実は日光は栃木県という認識を皆さんにもっていただけていないんです。

 日光は日光なんです。軽井沢と同じです。お客様にしたら軽井沢は長野でも

 群馬でもどっちでもいいんです。軽井沢なんですよ。」と言われ、

久しぶりに目から鱗が落ちました。

ランキングについては今のままの方がむしろ話題性があるのでこのままで

いいとおっしゃっていました。

▲ページの先頭へ